レディースキャッシングのは女性に安心?

大手消費者のプロミスが取り扱いをしているキャッシングサービスといえば、Webで契約手続きができ、即日借入もできるフリーキャッシングが有名ですが、キャッシングを初めて申し込もうとしている女性でも安心して利用できるキャッシングサービスがレディースキャッシングとなります。
このキャッシングサービスには専用のダイヤルが用意されていて、女性オペレーターに相談しながらキャッシング申し込みができるという点に大きな特徴があります。レディースキャッシングの金利や利用限度額、さらには借入方法についてもう少し詳しく見ていきましょう。

まず消費者金融金利と利用限度額ですが、実質年率は4.5%〜17.8%となっていて、利用限度額は最大で500万円までとなっています。金利と利用限度額についてはフリーキャッシングとほぼ同等の内容となっていることがわかります。

またフリーキャッシングを契約した場合には条件を満たすことで30日間無利息でキャッシングができるサービスが有るのですが、レディースキャッシングも同様に30日間無利息でキャッシングを行うことが可能となっています。

その他、プロミスの主要サービスである「瞬フリ」や「ポイントサービス」にももちろん対応していることから、レディースキャッシングは、フリーキャッシングのサービスに女性オペレーターが対応してくれるフリーダイヤルサービスが付帯したもの、と考えることができます。
初めてキャッシングをする女性にはぜひ利用をおすすめします。

一部の債権者だけの任意整理はできる?

債務整理をする場合は、基本的にすべての債務に対して整理を適用します。その原則がもっとも顕著なのが自己破産で、破産が裁判所に認められるとすべての債務の返済義務が問答無用に帳消しになります。ただ、様々な理由により、一部の債務についてはそのまま残しておきたいということもあるでしょう。たとえば、クレジットカードを利用していて、カードの債務を整理してしまうと、それ以降、カードが使えなくなってしまうので困るといったケースです。では、整理する債務としない債務を分けられる債務整理方法はあるのでしょうか。
これが可能なのが任意整理です。任意整理の場合、債務者が整理を希望する債務と希望しない債務を決めることができます。そのため、消費者金融と銀行のカードローンの債務は整理して、クレジットカードはそのままにしておくといったことが可能なのです。
問題は、整理対象になった債務の債権者が納得するかどうかですが、任意整理をした時点では、債務者がどの債務を整理して、どの債務をそのままにしたのかというのはわからないので、基本的にはすんなりと受け入れることが多いです。
では、一部の債務をそのままにして、あとからやはり整理したいと思ったら、それはできるのでしょうか。これは特に問題なく可能です。もちろん、任意整理は債権者の判断で整理が成立するかどうかが決まるので、和解交渉を拒否されたらそれまでですが、クレジットカード会社は消費者金融に比べるとすんなり応じてくれる可能性が高いです。